床下換気扇

床下換気扇の紹介

<既存の換気口を利用した取付タイプの換気扇、排気型タイプ【パネル型】>

イメージ 床下の空気を効率良く外へ排出する排気型の床下換気扇。材質は耐久性の高いステンレスを使用している為、サビの心配もない優れもの。※吸気型もありますので、ご要望のお客様はご相談下さい。

<強力な排気能力で湿気を含んだ空気を一気に外へ排出する排気型強力タイプ【ブロワー型】>

イメージ 住まいの基礎部分に簡単に取り付けできる床下換気扇。様々な住宅工法にも対応できる優れもの。※工法によっては専用ノズルが必要な場合があります。

その他、大風量タイプで空気を撹拌するための送風機などもございます。

床下換気扇の詳細情報はセイホープロダクツ社のホームページをご覧ください。

 

床下換気扇の必要性

現代の住宅は高断熱・高気密ですが、床下は耐震性を高める為、基礎を細かく仕切る場合も多く、換気が悪くなっているのが現状です。また、床下換気は外気が無風の場合、床下の通風もほとんど行われていないことになります。

床下換気扇の設置は主に住宅の水まわりが集中する建物北側の床下換気孔に設置することで、湿気を強制的に排出することができます。

 

床下換気扇使用時の効果について

  住宅の耐久性向上につながります。

床下の湿気が多くなり、床下木部の含水率が高くなってくると、家屋土台の腐朽によって強度に影響が及びます。

換気扇による空気の流れを作ることで木材の含水率を下げ、住宅の耐久性に役立ちます。

  カビや白蟻(シロアリ)などの害虫の抑制になります。

床下部位で最も湿気がたまりやすいのは水廻り部位です。

水廻りの床下は特に湿気がたまりやすく、カビが発生しやすい特徴があり、改善策としては湿気を帯びた床下の空気を強制的に動かすことで、カビや白蟻(シロアリ)をはじめ害虫やナメクジなどの抑制に役立ちます。

ご家族の健康を守ります

 

床下用調湿炭・調湿材

湿気は、カビの発生や木材の腐りの原因となり、シロアリ発生にもつながります。

熊本の坂本白蟻工業では、床下用調湿炭・調湿材による、床下の湿気対策を行っております。

【床下用調湿炭】

特徴として、床下用調湿炭は、脱臭・調湿・防虫効果があります。

また、遠赤外線を放出する事で、断熱効果も期待できます。

そして、床下調湿炭は、空気清浄効果もあり、ホルムアルデヒド、アンモニア、トルエンなどの有害ガスを吸着する役目もあります。

【床下用調湿材】

当社は、ゼオエースを採用しております。ゼオエースの主成分であるゼオライトは、肥料や洗剤、歯磨き粉、そして食品添加物として使用されていることから欧米各国でも安全性試験が何度もくり返され、その安全性が確認されています。

ダニ・シロアリ・ゴキブリやカビの生息、または繁殖には湿度が不可欠です。「ゼオエース」は湿度を抑えることにより、防虫・防菌・防カビの効果を発揮します。

天然硬質であるゼオエースに、抗菌性金属である銅をイオン結合させたもので、化学的に安定しており、身体にはも響がなく、完全に無害な無機抗菌剤です。

zeoace01

また、脱臭性にも優れた床下用調湿材です。

 

Copyright© 2013 SAKAMOTO SHIROARI KOUGYOU All Rights Reserved.