施工内容 バリア工法・ベイト工法

バリア工法について

バリア工法とは

シロアリ駆除をする上で一般的な方法は「バリア工法」です。

バリア工法とはあらかじめ、ドリルなどでシロアリが発生している木材に穴をあけ、そこから薬剤を注入したり、床下の隅々まで薬剤を行き渡らせたりする方法です。

DSCF0271

 

 

 

 

 

DSCF1028

しかし建物の構造上、床下から処理できない箇所(玄関等)や場合によっては部屋の内部に被害が及んでいる場合があります。

シロアリの被害で最も多いのは玄関や浴室です。

玄関や浴室がシロアリの被害にあった場合は、シロアリによる被害を受けた場所に直接処理を行うのです。

完全に駆逐するために、止むを得ず床や壁に穴をあけることがあります。

DSCF1692

IMG_3359

そのことを前もって知っておきましょう。

また、このような場合で使用される薬剤は第三者機関による厳しい基準をクリアしており一般的に安全といわれていますが、殺虫剤である以上絶対的に人に無害であるというわけではありません。

しかしこのバリア工法は、即効性を求めている人や5年間の長期効果を期待する人にお薦めです。

また、ベイト工法に比べると安価で施工できる点から一般的に用いられています。

 

ベイト工法について

ベイト工法とは

白蟻を駆除する方法は、バリア工法の他に「ベイト工法」という工法があります。

まず白蟻は建物に害を加えるだけではなく、地中に「蟻道」というトンネルの道を作り上げて、そこを通って餌となるものを探します。

そこで、白蟻に発見してもらうよう、建物がある周辺の地中や被害箇所に直接、白蟻が好むエサを入れた器を設置します。

発見した働きアリは巣にいる他の働きアリたちにエサがあることを知らせ、沢山の働きアリたちがエサを食べに来るのです。

白蟻が集まってきたら、集まってきたシロアリに警戒されないように近づき、そこへ白蟻の成長を阻害する「ベイト剤」という薬剤をシロアリが好んで食べる餌を混ぜたものを投入する工法です。

※シロアリは頭が良く、「その場所は危険だ」と察知した白蟻は、逃げ出してしまい、集まりませんので警戒されないように近づく必要があります。

※巣の中にいるすべてのシロアリ(王アリ・女王アリを含む)たちに薬剤が行き渡るように「働きアリ」に十分な量のベイト剤を食べさせます。

DSCF1221

DSCF1456

餌を食べた働きアリは、女王アリ、王アリ、兵アリなどに口移しで餌を食べさせます。

そうすることで、巣全体に薬剤が広がっていき、最終的に絶滅します。

※白蟻は二ヶ月ほどで脱皮をするのですが、ベイト剤を食べたシロアリは脱皮出来なくなり、最終的に全滅します。

 

Copyright© 2013 SAKAMOTO SHIROARI KOUGYOU All Rights Reserved.