3月, 2017年

白蟻の好む環境について|甲佐町の坂本白蟻工業

2017-03-06

DSCF5537シロアリの栄養源は
シロアリの主食となるのは木材です。
木材にはセルロース、ヘミセルロースという成分が含まれています。
セルロースは植物の細胞壁の主要な成分のことです。
シロアリはセルロースを消化できないため、腸内に共生する原生動物の助けを借りてセルロースを分解すると言われてます。
また、シロアリは住まいには損害を与える存在ですが、自然の生態系においては落ち葉や枯れ木などを分解して土に還すという大切な役目を担っています。

暗くて湿気の多い所が好き
目が退化しているシロアリは、においや音に敏感です。
また、皮膚が薄く乾燥しやすいので、光・風・熱が非常に苦手です。
ですので、床下などの湿気があり暗くて空気に触れない所はシロアリの絶好の「住み処」なのです。
シロアリの中には、乾燥に強いシロアリや、自ら水分を運べるようなシロアリもいますので、湿度だけが条件にはなりませんが、
一般的に、湿気があり暗くて空気の触れない所を好みます。
地表に出てくることはあまりなく、ほとんど人目に触れないので、知らないうちに浸食被害にあっているということが多々あります。

好きな木/嫌いな木
シロアリは松・梅・桜・ソテツなどを好みます。
中でも、枯れ木はシロアリの大好物ですので、庭木の伐採時には、根の先まで掘り下げて撤去した方がよいでしょう。
反対に嫌いな木は、ヒバ、コウヤマキ、カヤ、ヒノキ、イノスキなどの心材(樹木の材の中心部あたりの赤身(あかみ)と呼ばれる、濃い色の部分。辺材と比較して堅い。)
で、これらの心材物質の中に、シロアリが嫌がる成分を含有していることが分かっています。
しかし、基本的に鉄以外を食べてしまうのがシロアリです。
また、防腐防蟻処理もしやすい木材と処理しにくい木材があります。
嫌いな木というのは、薬剤の浸透性が悪く処理しづらい木で、薬剤処理しやすい木というのはだいたいシロアリが好きで、腐朽菌が取りつきやすい木です。

シロアリ駆除をご検討の方、シロアリ駆除なら熊本県上益城郡の坂本白蟻工業にお任せ!!

Copyright© 2013 SAKAMOTO SHIROARI KOUGYOU All Rights Reserved.