3月, 2015年

シロアリの事なら坂本白蟻工業におまかせください!

2015-03-17

そろそろお花見の季節ですね!日に日に暖かくなっていくのを感じます。

虫たちも動き始めるこの時期。シロアリの対策はお済みでしょうか?

IMG_20150317_143444

↑ 甲佐町役場・郵便局(上益城郡、下益城郡の一部)で配布させていただいている封筒です。

 

シロアリ対策をどうしようかお悩みの皆様、どうぞお気軽にご相談下さいませ!!(ただの宣伝になってすみません)(#^.^#)

 

 

◆施工事例◆天草市 イエ白蟻駆除工事

2015-03-10

2月に天草市にて調査をさせて頂いたお客様宅のしろあり駆除工事にお伺いしました。

皆さんは白蟻の巣をご覧になられたことはありますか?

本来、イエ白蟻は地中に巣を作り活動しています。しかし、建物に侵入したシロアリが壁や柱・梁の内部に巣を作り生息することがあります。

↓ 今回のお宅では押入れの壁にシロアリが巣を作っていました。壁板を剥がしてみると内部に土の塊(白蟻の巣)が見つかりました。

DSCF2830

↓ 壁内から巣を撤去しました。大きな土納袋6袋分の巣を撤去しました。

DSCF2831

↓ 天井裏の被害の様子です。梁の表面に土が盛り上がっており、梁の内部はスカスカの状態でした(-_-;)被害箇所にドリルで穴をあけ、薬剤を注入しました。

DSCF9435

白蟻の被害は気が付きにくいため重症化する場合が多く、特にこれからの時期、暖かくなるにつれて白蟻の被害は目に見えない所でどんどん進行していきます。

まずは、現在のお住まいの状態を専門家に調べてもらうことをお勧めします。

多くのシロアリ業者さんは無料で調査を行ってくれます。その上で処置(予防・駆除)が必要なのかどうかをご検討下さい。

もちろん坂本白蟻工業でも無料で調査をお受けしております。丁寧にご説明させていただきますので安心してお任せ下さい!

◆施工事例◆床下防湿・防カビシート 球磨郡あさぎり町

2015-03-03

こんにちは。坂本白蟻工業 中川です。

ホームページをご覧いただきありがとうございます。

今回は床下の湿気とカビでお困りのお客様ということで、床下防湿・防カビシートのご提案をさせて頂きました。

現在の住宅において床下はコンクリートが主流の為、湿気によるカビや木材の腐れは非常に少なくなっています。

しかし、築年数20年を超える住宅では床下は布基礎で土の場合が多く、湿気対策が必要な場合もございます。

↓ シート施工後の写真です。

2014_1203_03330000

↓ シートを床下地面の隅々まで敷き込むことによって、土から湧き出していた湿気をシャットアウトします。

2014_1203_03331100

 

 

 

 

 

このシートは抗菌防カビ剤の『プロモール』という成分を混入しています。他社の抗菌防カビ剤は数種類の菌にしか有効性はないのに対して、プロモールの特徴は253種類もの菌に対して抑止力を持っています。

また、その効果は長期的な持続力を持っています。薬剤については安全性試験によって高い安全性であることが確認されており、少量で安定して効果を出す優れた薬剤です。市立幼稚園の砂場や薬品メーカーの菌対策としても使用されているそうです。

施工後はお客様から床下の臭いが気にならくなった、押入れのカビが無くなった等の喜びのお声をいただいています。

湿気対策としては床下換気扇などの商品もございますが、当社では一軒一軒にもっとも適したご提案をさせて頂くため、施工するにあたってはメリット・デメリット、費用対効果などお客様が納得していただいた上で、後日施工をさせていただきます。

今回の防湿・防カビ対策などをはじめ、シロアリ以外の害虫でのご相談もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright© 2013 SAKAMOTO SHIROARI KOUGYOU All Rights Reserved.