6月, 2014年

◆調査事例◆熊本市東区 イエシロアリ被害調査

2014-06-18

こんにちは。坂本白蟻工業の中川です。本日は熊本市東区のシロアリ調査にお伺いしました。

床下に入るとすぐにイエ白蟻の大きな蟻道を発見しました( ゚Д゚)

DSCF9839 DSCF9840

 

 

 

 

↑ 写真は全ては和室の下に見られた蟻道です。

これらの蟻道から侵入したイエシロアリは室内の柱をスカスカになるほど喰害し天井裏へと被害が進行していました。

DSCF9841

 

 

 

 

 

 

 

また、今回は和室の畳全体にも大きな被害が見られ、和室2部屋の畳は全て新調せざる負えないほどの被害でした。

坂本白蟻工業の白蟻調査は無料でさせていただいております。最近、羽アリを見かけたという方や白蟻駆除をして5年以上経過された方は一度ご検討されてみてはいかがですか?無料調査をご希望の方は こちらからお問い合わせください。

調査・駆除の方法や施工金額の概算などお気軽にご相談ください。見積もりだけでも大歓迎です。宜しくお願いします。

 

◆施工事例◆玉名市 イエ白蟻駆除工事

2014-06-10

一年の中でもジメジメした6月はイエシロアリが飛びまわる季節です。

本日は、玉名市内のお宅で発見したイエシロアリの蟻道です。

DSCF9711

 

 

 

 

 

 

 

 

この蟻道は男性の太ももくらいはあり、白蟻が侵入して4、5年以上経過しているものと思われます。(初期の蟻道は小指程度の太さです)

一昨日の晩、室内におびただしい数の羽アリが発生したとのことで当社に調査のご依頼を頂きました。

この蟻道以外にも白蟻被害は、建物のほぼ全域に広がっており、天井裏の大きな梁がスカスカになるなど深刻な箇所も多く見られました。

●今回はご依頼主様とお話した結果、『ベイト工法』と言われる駆除の方法を用いて施工することになりました。

ベイト工法はシロアリをおびき寄せ毒エサを食べさせて駆除する方法で近年は主流となっている駆除方法です。完全に駆除するには2ヶ月から3ヶ月かかりますが、イエシロアリの本巣まで駆除できる有効な手段として当社も用いております。

※バリア工法・ベイト工法 に関する説明はこちらから。

 

自分自身で床下点検する場合|熊本の坂本白蟻工業

2014-06-05

【シロアリ点検は必要です】

シロアリ業界では、過去に悪質な手口の業者が問題になっています。

無料点検と言って床下にもぐり、不安を煽り、最終的には「不必要な工事契約をしてしまう」・・・

そんな一部の悪質業者の不正な床下点検が、いまだにある以上、どんな良い事を言っても「業者は信用できない」という家主様の気持ちは当然です。

ですが床下点検は、家屋の寿命や環境を確認する上で非常に重要な点検です。

DSCF2162

 

 

 

 

 

熊本にお住まいで「自分で床下点検を出来ないのか?」とお考えの方は、下記に気を付けて行ってください。

【自分で床下点検を行なう際の注意事項】

1、複数で行う(一人ではやらない)

2、真夏の暑い時間帯の点検は極力避ける

3、床下が狭く無理な場合は無理しない

4、床下にはシロアリ以外の様々な虫やヘビなどの生息を覚悟する               

5、汚れてもいい服装で帽子・軍手・マスクの準備(カビやほこりが多い)            

6、すべて自己責任です(シロアリの生息を見過ごす可能性も高い)

※前回、お話しさせていただいた中に、シロアリの点検において建物内には目でシロアリの有無を確認出来ない箇所(玄関や浴室など)があります。よって床下の点検だけではシロアリの生息を完全に調べることはできません

実際に床下点検で床下に潜ること自体は探検みたいで楽しいかもしれませんが、かなり体力を消耗します。点検前後は、十分な水分補給を行ってください。

また、床下にもぐる際は、できる限り明るい照明器具(懐中電灯では見づらいと思います)、木をつっつくためのマイナスドライバー(床下の木材の状態を確認するため)を準備されるといいかと思います。

ちなみに、熊本のシロアリ発見の専門家「坂本白蟻工業」では、長年しろあり防除工事に携わっているしろあり防除士が点検にお伺いします。安心してお任せ下さい!!

白蟻の被害調査について|熊本の坂本白蟻工業

2014-06-04

白蟻の対策上、点検を定期的に行う事で予防・早期発見できるという考え方もあります。

ただし、それは住まいの中でも床下など目で見て確認できる範囲の場所でのお話です。床下の土台や大引き、そして床束など木材は地面から離れています。このおかげで白蟻は地面から木材に到達する前に、必ず蟻道を作る必要があります。

しろありが侵入しているかどうかを見極めるポイントとしては床下に蟻道があるかどうかでわかります。

DSCF0170

しかし、玄関やタイル張りの浴室、ポーチ柱等は床下がない為、十分な点検ができない箇所なのに表面から見ただけで問題ないかどうかを判断することはできません。

特に玄関や浴室は常に地面を覆う構造になっているために、必然的に白蟻にとっては心地良い環境になりまっています。

ご自分で白蟻の有無をチェックされる方がいらっしゃいますが、実際目で見て確認できない箇所があるということは覚えていただきたいと思います。

熊本で白蟻対策、駆除なら坂本白蟻工業へ何でもご相談ください。

Copyright© 2013 SAKAMOTO SHIROARI KOUGYOU All Rights Reserved.